ホーム > 国際人教育 > 応用英語プログラム > 各プログラム紹介

応用英語プログラム

イマージョンクラス(中学1年~3年)

音楽、美術を外国人教師とともに英語で学びます。
中学生より英語をツールとした指導を通して、目標科目はもちろん、コミュニケーション能力の基礎をも自然に身につけていくことを目指しています。
音、リズムは英語に共通したものがあります。より多く英語に接する機会を増やすことで、英語に親しみ、表現を覚えていきます。

イマージョン教育特集

英語オラトリカルコンテスト・仏語リサイタル(中学1年生~高校2年生)

英語オラトリカルコンテスト

中学生は暗唱、高校1年生、2年生はスピーチを披露。
各学年3名から5名の代表が発表し、各学年優勝者、準優勝者を表彰しています。
中学1年生、2年生は主として物語より、中学3年生は歴史に残る大統領などの名演説より、高校生は自作のスピーチを1人約5分間で披露します。

中学生は授業中、何度も繰り返し暗唱し、みんなで取り組みます。
英語を使って、自分の想いをどのように観衆に伝え、共感してもらうかが大切なポイント。日頃より取り組んでいる「英語の4技能(聞く・話す・読む・書く)」が試されます。毎年2月開催。発表を通して1年1年の成長がみられます。

KISのコンテストでの経験が人前で発表する自信を高め、さまざまな校外コンテストへの活躍につながっています。過去5年間の外部スピーチの成績は本校の学校案内をご覧ください。

仏語リサイタル

詩の暗唱から創作劇まで、楽しんで発表しています。
仏語の授業は週1時間ですが、外国人講師の指導の下、発音の基礎を習得し、堂々と発表しています。

中学生対象海外語学研修

2009年度より中学生研修が始まりました。英国・カナダ・フランスの3か国を巡回し、研修を行っています。2013年度はカナダ、ブリティシュコロンビア大学で研修します。

授業はオープンクラス。同年代の仲間と共に、授業、アクティビティを通じて、語学力の向上と交流を深めます。
※フランス語学研修は高校生も対象としています。
KISの中学生のほぼ4人に1人がこの研修に参加しています。

English Café

お昼休みのひととき、わずかな時間ですが外国人と共に、楽しいおしゃべり。
休日・休暇の過ごし方、趣味、ゲーム、先生の趣味や出身国についてなど、笑顔が見られる英会話の時間です。
英語の授業では緊張感がありますが、ここではリラックスして話すことができます。
英語に慣れ親しみコミュニケーション能力の基礎を培うことを目的にしています。

English Live

お昼休みのひととき、今、インターネットのライブニュースを目と耳で読み取り、世界で何が起きているのか。時事単語や表現が覚えられるだけでなく、世界の様々な状況を知る中で、自分・自国を見つめ直すことができます。

English Camp

中学3年生の夏休み実施。
1泊2日、英語漬けの生活。自然豊かな丹波の地にて少人数で集中的な4名から5名の初めて会う外国人講師による指導を通し、英語漬けの生活を体験。中学1年生、2年生に学んだ英語を今度はより実践する楽しさを味わいます。また、外国人講師の出身国から異文化も学びます。
「日本文化」、「日本の今」、「NZ現地で役立つサバイバルEnglish」「環境問題」など、テーマを定め授業が実施されます。最後は英語でグループプレゼンテーションも行い、創造力・表現力も培います。