ホーム > KISの教育 > 学校生活:コミュニティレター > 2016年 11月号

コミュニティレター

学校ニュース(2016年 11月号)

学校ニュース 一覧へ

台湾私立華盛頓高級中学との交流
*  10月11日(火)に、台湾の私立華盛頓高級中学から35名(中学3年生から高校2年生)の生徒がKISを訪問しました。お昼に到着後、まず本校高校2年生の音楽選択者による歌で歓迎の意を表しました。台湾の生徒も、ジブリの歌と台湾の箏を披露してくれました。その後会議室で歓迎式を行い、昼食を食べた後、中学3年生と交流の時間を持ちました。
 中学3年生はNZ演習の時間に、お茶の作法を家庭科の山田先生より指導していただいていましたので、茶道(抹茶と和菓子)でおもてなしをしました。英語で作法を説明することは簡単ではありませんでしたが、みな一生懸命で、授業が終わり近くになると、好きなアーティストの話で盛り上がるグループも見られました。英会話の授業も一緒に参加し、日本の生徒から台湾の生徒に質問をしたり、折り紙を一緒に折るなどして交流の時間を持ちました。中学3年生のHさんが三味線と日本のお琴の演奏を披露し、台湾側の箏の演奏者が興味を持って質問にくるという場面も見られました。はじめは緊張気味だった生徒たちが、最後には「もう帰るの?」と残念そうにしており、短い時間ではありましたが、他国の生徒と交流することの楽しさを実感できたのではないかと思います。
*  この台湾の学生との交流は、兵庫県の国際交流協会のご紹介で昨年より始まったものです。海外の学生に自国の文化の紹介をしたり、他国の文化を教えてもらったりしながら交流することによって、世界の多様性を認識することは、これから世界へ羽ばたこうとするKIS生にとって大切なプロセスです。今後もこうした機会を通して、いろいろな国のことを学び、直接対話することの大切さを肌で感じてほしいと思っています。
【グローバル推進委員会 H.R】

9、10月の行事
球技大会
*  10月6日(木)、毎年恒例の球技大会(種目はドッヂボール)が行われました。午前の予選リーグの結果によって、午後の決勝リーグの対戦が決まります。負けたチームと午後に再戦の可能性もあり、最後まで優勝チームが分からない白熱した試合が繰り広げられました。優勝はS2、準優勝はS3、3位にS1の学年が入り、高校生の実力の高さに中学生も見入っていました。6学年での行事が多いのですが、今年のJ1はS3を一時リードする場面も見られ、KISならではの盛り上がりをみせてくれました。運営には先日の選挙で選ばれた新しい生徒会役員らがアナウンスや記録などで活躍を見せ、体育委員は審判として試合をスムーズに進行させてくれました。
【生徒保健部】
遠足(9月30日実施)
Aブロック
*  Aブロックは丹波立杭焼体験とフルーツフラワーパークを訪れました。立杭焼では、係の人がろくろを使って、粘土からあっという間に湯飲み、茶碗、皿などを作り上げると生徒達も歓声を上げていました。粘土は想像よりも柔らかく、微妙な手加減に四苦八苦しながらも、生徒たちもなんとか作品を完成させました。焼き上がりが楽しみです。その後、フルーツフラワーパークを訪れ、思い思いの場所でお弁当を食べました。天候も良く、外で友だちと食べるお弁当はいっそう美味しかったようです。
【Aブロック長 Y.T】
Bブロック
*  Bブロックの遠足は、奈良・明日香方面でした。心配されていた天候も奇跡的に回復し、真夏のような日差しの中、徒歩でゆっくりと散策する生徒もあり、また、レンタサイクルでずいぶん遠くまで出かけた生徒もあったようです。日本最古の寺院とされる飛鳥寺や、数々の謎の石造物など、世界遺産への登録を目指している飛鳥(明日香)の魅力に触れた一日でしたが、あまりの暑さに、集合場所に帰ってきた後は、当地名物のアイスクリームが一番のごちそうだったようでした。
【Bブロック長 I.S】
Cブロック
*  天候が心配された遠足でしたが、遠足当日は見事に晴れ、素晴らしい遠足日和となりました。世界文化遺産でもある平等院鳳凰堂に訪れた後に、清水寺に訪れました。それぞれの集合場所では誰一人遅れることなく余裕を持って集合し、さすがCブロックの生徒の行動は素晴らしいなと皆さんの成長した姿に感心させられました。普段はなかなか体験することのできない歴史や空気を感じることができ、思う存分京都を楽しむことができたのではと思います。
【Cブロック長 U.S】

高校2年生O.Hさん 第4回全国高校生英語プレゼンテーションコンテスト本選「入賞」
 第4回全国高校生英語プレゼンテーションコンテストの本選(主催:獨協大学外国語学部)が10月9日(日)、獨協大学で行われました。応募総数279名の激戦を勝ち抜いた10名の高校生による情熱的なプレゼンテーションが展開されました。本校からは高校2年生O.Hさんが本選に出場し、「入賞」をしました。以下、O.Hさんのコメントです。
 この度、高校生全国英語プレゼンテーションコンテストに出場させていただきました。校外のスピーチコンテストはこれで3度目になります。中学3年生、高校1年生の時にも他の校外のコンテストに出場させていただきましたが、どちらも満足する結果を得ることができませんでした。今回がKIS生活最後のスピーチコンテストになるだろうと思っていたので、無事入賞する事ができ、本当に良かったと思います。
*  今回のコンテストのテーマは‘Open Doors’で、私は「ファッションが地球に与える悪影響と、それへの解決策」についてスピーチをしました。私は中学3年生の課題レポートで、ファッションと環境と人との関わりについて調べ、その中で「フェアトレード」について学びました。高校1年生の時にその内容でスピーチコンテストに出場したいと思い、もう一度調べたのですが、その時に気付いたのが、フェアトレードで作られた服のデザイン性のなさ、そしてその割には高価格だということでした。高校2年生になって、もう一度コンテストに出させてもらえる機会をいただいた時、「もう一度あの原稿で考え直したい」と思いました。そこで思いついたのが、フェアトレードと古着を組み合わせるということでした。今回のスピーチ内容は、自分なりの3年間の研究の集大成となりました。納得できるものにするにはこれだけの時間が必要なのだと実感できました。すごく嬉しかったです。今回このコンテストに出場させていただき、入賞にまで導いてくださった先生方、両親、友人には本当に感謝しています。ありがとうございました!

トビタテ! 留学Japan 日本代表プログラム 報告 -高校2年 T.Jさん(第2期生)-
*  この夏休み、私はFIT ; Fashion Institute of Technology(ファッション工科大学)でファションについて学ぶためにトビタテ!留学JAPAN日本代表プログラムの2期生として、1か月間ニューヨークへ短期留学をしました。そこではファッション予測とインターナショナルマーケティングのコースを取りましたが、どちらもまるで本当に大学に通っているかのような本格的な授業を受けることができました。
 ファッション予測のクラスでは、Fashion Forecaster(ファッション予報士)とはどのような仕事か、流行はどのようにして決められるのかを勉強をしました。ファッション予報士は自らのデザインに対するインスピレーションを探すために世界中を飛び回り、調査結果に基づいた資料を作成していきます。そして、多くの有名ブランドの経営陣に対して自らのデザインの提案をするのです。例えば色や布、シルエットについては実に2年以上先を見越して提案をしていました。私も授業を通して同様のプレゼンテーションを行いました。
 一方のインターナショナルマーケティングのクラスでは国際的なビジネスをする上での障壁や、利益向上への手だてについて学びました。このクラスは特に専門用語が多く、難しく感じることもありましたが非常にやりがいのあるものでした。この授業のプレゼンテーションは自分が海外でブティックを開くことを想定したもので、その国のGDPなども考慮する必要があり、各国の経済状況についても知識が深まり大変勉強になりました。
 この留学を通じ、自立した人々と出会うことができました。彼らが確固たる意見を持ち、自信を持って発信していたことに感心しました。共に学んだことで多くの刺激を受けただけではなく、自分の視野が一層広まりました。これまで支えてくださった先生方、家族や友達に感謝しています。ありがとうございました。
【英語科 N.K】

モンゴルからの短期留学生を迎えています
 草原と遊牧の国モンゴルから今年も短期留学生アリウントゥールさんを迎えました。彼女は11月末まで中学3年2組を中心に本校で学びます。日本語はまだまだですが、積極的に話しかけ、日本文化や日本語を教えてあげるとともに、日本とは全く違うモンゴルの文化等を教わってください。以下は自己紹介文になります。

アリウントゥール・マンダフさん 自己紹介
*
About me and my family. My name is Ariuntuul. I'm 15 years old. I live in Ulaanbator capital city of Mongolia. I'm study in school number 93. I like dancing, listening to music, reading interesting books, playing volleyball and taking pictures. I want to study in Japan's college. Because I like Japan's education, activity and culture. I have a big family, it's very wonderful and we are close. I live with my parents, brother and 3 younger brothers. We love each other very. We work hard to make lives better for one another, especially my mother and father. My father's name is Mandakh. He is 55 years old. My father loves us very much. He is caring person. I proud of my father. He is my hero. My mother's name is Baigal. She is 44 years old.
* My mother is the best mom in the world. Her meal is wonderful. She cares about us very much. She is there for us whenever we need. She is our doctor, our therapist, our counselor, our pharmacist, and our best friend. My brother's name is Ariunbold. He is 17 years old. I'm so close with my brother. He is my defender, counselor. I think my brother is good brother. My younger brothers are so behaviour. There name's are Ariunjargal, Ariunsaikhan, Ariunbayar. They are friendly and honest. I love my family. I think my family is best family.

 私と私の家族について。私の名前はアリウントゥールです。15歳です。モンゴルの首都ウランバートルに住んでいます。93学校で学んでいます。私はダンス・音楽鑑賞・読書・バレーボール・写真撮影が趣味です。私は日本の大学で勉強したいと思っています。なぜならば、私は日本の教育・行事や文化が好きだからです。
*  私の家は大家族です。とても仲の良い素晴らしい家族です。私は両親と兄、3人の弟と暮らしています。互いにとても愛し合っています。また、互いにより良い家庭になるよう努力しています。特に父と母はそうです。私の父の名前は「マンダッハ」、55歳です。父は私たちをとても愛してくれています。私は父を誇りに思っています。母の名前は「バイガル」、44歳です。世界一の母です。食事は美味しいし、母は私たちを一生懸命に世話してくれます。頼りがいのある母です。母は、私たちの医者でありセラピストでありカウンセラー・薬剤師であり、最高の友でもあります。私の兄の名前は「アリウンボルド」、17歳です。私は兄と仲が良いです。彼は、私の守り手でありよき相談者です。最後に弟たちです。弟の名前は「アリウンジャーガル」・「アリウンサイハン」・「アリウンバーヤー」です。弟たちはフレンドリーで正直です。私は私の家族が大好きで、最高の家庭と思っています。

11、12月 教育相談・カウンセリング日程  (担当:T.S先生)

ブロック短信
≪ Aブロック ≫

 先日、A.P.A.で神戸新聞社に見学に行きました。現地では新聞社の方から新聞はどのようにして作られるのか、阪神・淡路大震災の時、神戸新聞をどのようにして発行したのかをうかがいました。さらに新聞発行の現場や、同じビル内にあるラジオ関西の放送現場を見学させていただき、模擬の新聞編集をさせてもらうなど、楽しく学ぶことができました。

【J1-1 担任 K.S】

  中間考査が終わり、少し気が抜けてしまうかもしれませんが、これから中3に向けてコース選択のことを考えなければいけませんので、自分の将来についてしっかりと考えるようにしましょう。また、これから段々と気温が下がってきますので体調管理に気をつけて生活するようにしましょう。

【J2-2 担任 M.Y】

≪ Bブロック ≫

 秋も深まり学習により集中できる季節になりました。4月からの頑張りが成果となって出てくる頃です。そんな中「提出日に間に合わせるため夜中まで勉強していた。」「休日は起きるのが遅くなってしまう。」などの声が聞かれる時があります。毎日の起床、就寝、家庭学習の時間を定めることが大切だと言われています。風邪などに負けないためにも、もう一度自身の生活のリズムを見直してみましょう。

【Bブロック付 H.F】

 2学期中間考査が終わり、次はすぐに模試があります。23回生のほとんどの人はNew Zealand語学研修で頭がいっぱいかもしれません。英語で会話出来るように今から練習しておきましょう。是非、秋の夜長に、読書や学習等に時間をかけて、今出来る事を一人ひとりしっかりと実行し、心身共に充実した日々を過ごし、成長して欲しいと思います。

【S1-2 担任 Y.T】

≪ Cブロック ≫

 2学期中間考査が終了しました。得点できた科目、思うように得点できなかった科目があったと思います。各々が自身の課題に今一度、目を向け、まずは基本的な所から1つずつ定着させていきましょう。11月初旬には5教科の模擬試験が実施されます。事前に各教科の目標を設定して、試験に臨みましょう。

【S2-3 担任 Y.K】

 模試の合間に中間試験があってそれも終わり、11月に突入します。それぞれが自分の進路に向かって動き出し、今までやってきたことを発揮していく時期になりました。同時に、センター試験と2 次試験に向けてまだまだ力をつけていく時期でもあります。模試などの結果を見て自分のやるべきことを確認し、それを実行していく、それらを繰り返して1つずつステップを昇ってきましょう。

【S3-2 担任 H.R】