ホーム > KISの教育 > 学校生活:コミュニティレター > 2016年 4月号

コミュニティレター

学校ニュース(2016年 4月号)

学校ニュース 一覧へ

ごあいさつ
【校長  村山 美生】
*  4月11日の午前と午後にわけて、神戸国際中学校からの内部進学者に高校募集による新たな入学生を加えた神戸国際高等学校入学式、26回生を迎える神戸国際中学校入学式を行いました。新入生の皆さんはもとより、学年が一つ上がった在校生の皆さんも、新たな気分で新年度を迎えてくれたものと思っています。保護者の皆さまにおかれましても、引き続き、本校教育の推進にご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
 さて、新年度を迎えるにあたり、教職員の異動につきましてお知らせいたします。昨年までお世話になりました武 事務長、徳岡先生、藤尾先生、伊吹先生、檢見崎先生、尾崎先生が離任され、新たに塚本事務長、猿丸先生(英語)、横山先生(国語)、小林先生(国語)、中井先生(社会)、ハフマン先生(英語)に着任いただきました。新しく着任された先生方には、これまでの様々なご経験や新鮮な視点から、本校の生徒のために力を発揮していただけるものと思っています。なお、武 前事務長には再雇用で引き続き事務室で勤務していただきますし、徳岡先生と藤尾先生にも非常勤の時間講師としてお世話になります。また、教育相談室長の田中滋子先生にも、引き続きご勤務いただき、生徒たちのどのような悩みにも相談に応じていただくことにしています。保護者の方々とのご相談にも対応していただきます。よろしくお願いいたします。
 ところで、26回生を迎えた本校にとりまして、創設から四半世紀を経て、次の50年・100年に向けた新たなスタートとなる年だと思っています。幸いにも、この3月に本校を巣立った20回生64名は、大阪大学の3名をはじめ国公立大学に7名が進学し、早稲田大学や関西の難関大学に多数合格してくれました。生徒たちの努力が実を結んだものと喜んでいます。また、本校のきめ細かな少人数教育が彼女たちの努力を支えたものと思っています。
 新たなスタートとなる本年度から、前期・後期の2学期制から3学期制に改めるとともに、教育内容を大幅に拡充いたしました。これからの時代を担う生徒たちにとって、中高時代は、生涯にわたって学び続ける基礎を育むこと、アクティブな学びを習得することが欠かせないと思っています。そのため、本年度から放課後や土曜日を活用して、中学生には、全員が漢字検定や英語検定に挑戦する漢検チャレンジ講座・英検チャレンジ講座を始めることとしました。また高校生には、高2まで英検チャレンジ講座を実施するとともに、高1・高2対象の「英語」「国語」「数学」の講座、高3対象の「英語」「数学」「理科」「社会」の講座『トワイライト・レクチャー(一部に予備校の講師を招いた大学受験対策講座)』を実施します。これに加え、高2・高3では「小論文」講座も行うこととしています。
 中国からの体験入学生徒が4月18日より登校しています。国際交流においても、ニュージーランド英仏語学研修や英・仏・加短期研修のみならず、本校において、多くの地域や国々の中高生との触れ合いができるよう普段着の国際交流を更に進めていくことにしています。本年は先述の中国を始め、ニューカレドニアの生徒の訪問が既に決まっています。
 自由で闊達な校風のもと、生徒一人ひとりの顔が見えるという少人数教育の特色をとおしてグローバルな社会で活躍する女性の育成を目指し、充実・発展期を迎えたKISは新たなスタートをしています。引き続き、ご支援とご助力をお願いいたします。

● 2016年度 大学入試合格状況 ●
☆ 国公立大学 ☆
大阪大学(歯学部)
1
信州大学
1
大阪府立大
1
大阪大学(基礎工学部)
1
鳥取大学
2
兵庫県立大
2(1)
大阪大学(外国語学部)
1
徳島大(医-医)
1(1)
秋田大学
1(1)
☆ 私立大学 ☆ 【医歯薬系大学】
立命館大(薬)
1
神戸薬大(薬)
3
北里大(獣医)
1
藍野大(看)
1
神戸常盤大(保健科学)
1
姫路独協大(作業療法)
1
神戸常盤大学短大(口腔)
1
東京理大(薬)
1
神戸学院大(薬)
12(1)
姫路大(看)
1
神戸女子大(看)
1
兵庫医療大(薬)
3(1)
神戸国際大(理学療法)
1
京都薬大(薬)
1
神戸学院大(作業療法)
2
四国大(看)
1
園田学園女子大(看)
1
東海大学(医-医)
1(1)
兵庫医療大
1
☆ 私立大学 ☆
同志社大
3
関西大
3(2)
甲南女子大
1
龍谷大
2
神戸親和女子大
1
大阪工大
1
姫路大
1
昭和女子大
1
武庫川女子短大
1
Herkimer College
1
関西学院大
9(1)
早稲田大
1
甲南大
2
神戸学院大
5
武庫川女子大
2
関西外国語大
2
駒澤大
2
神戸女子大
1
Quincy College
1
立命館大
8
近畿大
13(2)
同志社女子大
2
神戸女学院大
3
京都女子大
2
実践女子大
2
神戸芸術工科大
2
神戸松蔭女子学院大
1
Bunker Hill Community College
1
☆ 専門学校 ☆
大阪モード学園
1
   
※ 在学生 64 名、( )内は、過年度
*  2016年度入試の結果を掲載しております。数字は、合格者数です。現役生である20回生はよく頑張ってくれました。特徴は、合格数と進学者数がほぼ変わらないことです。ただし、薬学部では、一人で何校も合格した生徒もいます。また、不本意入学とまではいかないかもしれませんが、第1 志望ではない大学に入学した生徒も多くいます。在校生の生徒諸君は、自分の夢を叶えるためには、最後まで第1志望の大学へ入学するという強い志望力を持ち、さらに、入試突破の学力を身につけることが必要です。一気に高みには上れませんが、今日から、日々の授業を大切にし、朝学の受け方を考え直し、まずは、基礎力を確立してください。
【進路指導部部長 森川 喜一】

新任の先生の紹介
*  今年度からKISの仲間に入れて頂くことになりました。この素晴らしい環境と素晴らしい人財に出会えたことに感謝・感謝です。担当は事務ですが、KISが良くなる事ならなんでも挑戦しようと思っています。そのためにしっかり基礎づくりから始めます。どうぞ宜しくお願いいたします。
【塚本 眞光 事務長】
*  この4月よりKISに着任しました。素晴らしい自然、充実した教育システム、そして笑顔の素敵な生徒の皆さんにお会いできてとても幸せです。このようなKISを多くの方々に紹介して、「KIS」ファミリーを増やしていきたく思います。微力ではありますが、一生懸命がんばりますのでよろしくお願いいたします。
【猿丸 義彦先生(英語科)】
*  この度、縁あってKISで勤務することになりました。どうぞよろしくお願い致します。私は物事に取り組む際に、大切にしている言葉があります。それは「努力は裏切らない」ということです。困難に直面した時に、その場から逃げ出したくなることがありますが、それでは壁を乗り越えることはできません。壁に果敢に挑み、困難をも跳躍台として、成長していく皆さんの姿を見られることを楽しみにしています。
【小林 美紀先生(国語科)】
*  本年度4月から、KISに赴任しました。中学校1 年生の担任と高校3 年生の授業を担当します。これまでいくつかの私立学校を経験してきましたので、KISでいかせることは発展させていく一方で、新しい試みも積極的に取り組んでいくつもりです。使える国語、身につく授業を心がけて精一杯取り組んでいきますので、よろしくお願いいたします。
【横山 誠先生(国語科)】
*  こんにちは! 社会科の中井薫と申します。大学卒業後最も長く勤めた仕事は、大手予備校の講師でした。現在も大学受験向け参考書の執筆は継続しております。久々の教職復帰となりますが、キラキラした生徒と、素晴らしい教職員の方々、髙倉台の小鳥のさえずりに囲まれたKISは最高です! よろしくお願いします!!
【中井 薫先生(社会科)】
*  Hello Everyone. I am so happy to become part of the KIS family as a full-time teacher this year. From my first day here, as a part-time English teacher, the students and teachers have been very kind and sincere to me. I enjoy the energy and interest the students’ show during class and can see that everyone wants to improve their English. I really enjoy talking with you all, inside and outside class, so definitely come talk with me!
【Ward Huffman(ワード ハフマン)先生(英語科)】

2016年度 教育相談・カウンセリング
*  生徒の皆さん、ご入学、ご進級おめでとう。いよいよ新しい級友、学級担任、教科の先生方とともに、一学期が始まりました。ほとんどの皆さんは、新たなる希望を胸に素晴らしい出発をしたことと思います。しかし、中には一抹の不安や心配を抱え、悩んでいる人もいるかもしれません。「こんな小さなことを相談したら恥ずかしい」などと思わずに、気軽に話をしに来てください。

 保護者の皆様、お子様のことで気にかかられることや学校へのご要望等がございましたら、ご遠慮なくご相談ください。
【教育相談室長 田中 滋子】

2016年度 中学生カナダ語学研修
 2009年度から始まった中学生海外語学研修、英国、カナダ、フランスの3か国を巡る旅も早、3巡目となりました。今年は7月31日(日)~8月9日(火)の10日間、カナダで実施します。今年度のプログラムの特徴は下記の2つです。

① 中学生で初めてのホームステイ
 これまでは大学寮での宿泊でしたが、今年度は一家庭1人のホームステイです。英語とフランス語を使う環境は整っています。日々の生活の中で、新しい発見、学び、喜びがたくさんあることでしょう。
② Girls Camp
 午前中の授業では現地の同年代の学生が加わり、プロの指導者のもとに実施されます。午後はバンクーバーの街の散策等、Out Door Activity が計画されています。大自然に囲まれた夏のカナダを満喫してほしいと思います。

 経験は何にもまして、人を成長させてくれます。お友達とお誘いあわせの上、どうぞ、ご参加下さい。
4月16日の説明会に都合で参加できなかった方にも、資料をお渡しいたしますので、お申し出ください。

ブロック短信
 入学式では緊張しながらも期待に満ちた新入生の表情が印象的でした。そんな新入生に、先輩として一人一人丁寧に校章をつけてあげる2年生の姿を見て、この1年間の成長を感じることができました。6年間のKIS生活の中で、このAブロックは学習の基礎固めはもちろん、それぞれの個性を尊重しながら新しい人間関係を築いていくための大切な2年間であると言えます。お互いに切磋琢磨しながら更なる成長を目指して頑張ってください。
【Aブロック主任  山中 太二】
 新しい年度を迎え、Bブロックの生徒の皆さんも、新鮮な気持ちで日々登校していることと思います。KISには中学校・高等学校双方で新入生という新しい仲間を迎えました。学年をこえた交流という、KISのよさを発揮して、皆で一緒に前に進んでいきたいですね。皆さんの今年度の目標はなんでしょうか?それを達成するにはどうしたらいいでしょうか?しっかり考えてください。
【Bブロック主任  入江 哲史】
 クラスメート・担任も変わり、新しい気持ちで新年度がスタートしました。すぐに文化祭・体育祭があります。KISでの上級生として、後輩の模範となる行動が求められています。下級生の皆さんをリードしてあげ、素晴らしい行事になるように取り組んでください。また、受験も近づき、夢の実現の為にするべきことは多くあります。苦労することも多々あるとは思いますが、今できることは今取り組み、決して諦めずに努力してください。先生たちも全力でサポートしていきますので共に頑張りましょう。
【Cブロック主任  上野 修平】

 1組は、1人も休むことなく登校できていることがなによりだと思います。社会では、いつ何がおこるかわかりません。熊本の震災で多く中学生が被災していることを思えば、毎日を無事に終えることに感謝し、明日も元気に登校できることに幸せを感じてほしいと思います。

【J1-1担任  横山 誠】

 26回生の皆さん、ご入学おめでとうございます。オリエンテーションキャンプでは緊張していた表情も、もうすっかり学校生活にも慣れたようで、毎日笑顔があふれるようになってきました。勉強も生活もこれまでとは大きく違うでしょうが、楽しいことも大変なことも、26回生全員で協力しながらやっていきましょう。

【J1-2担任  山中 太二】

 新緑の美しい季節になりました。この一年、どんなふうにがんばろうかと思いをめぐらしている人も多いと思います。大事なことは一日、一日を大切に過ごすことです。心と頭と身体をいっぱい使って、充実した一年にしていきましょう。

【J2-1担任  山本 祥子】

  新年度がスタートしました。中学2年生は新しい仲間が一人増え28人になりました。とはいっても人数は多くありません。困った時はお互いに助け合い、有意義な1年にしましょう。また、中だるみしやすい学年ですので気を引き締めて学校生活を送ってください。

【J2-2担任  宮本 祥寛】

 J3の学年目標を「半ばは自分のために、半ばは他人のために」としました。半分ずつに、という意味ではなくて、偏りすぎることを戒めたもの、と思ってください。自分のためにしっかり努力して、でも、時々は自分の行動が他人のためになっているかな、と振り返ってほしい、そんな思いでこの目標を定めました。

【J3-1 担任  入江 哲史】

 中学生活最後の1年がスタートしました。新年度を迎え、各自新たな目標を胸に過ごしていることと思います。環境の変化が激しい4月。体調管理をしっかり行いましょう。何事も身体が資本です。この1年、目標に向かって懸命に取り組み、成長していく姿が見られることを期待しています。

【J3-2 担任  小林 美紀】

 24回生は中学3年生としてスタートを切りました。教室やクラスのメンバーが変わり、新鮮な気持ちでいることと思います。今年度は将来の目標に向け、基礎固めをする大切な時期になります。自分を成長させるためにも多くのことにチャレンジして行きましょう。ファイトです!

【J3-3 担任  髙橋 清吾】

 中学生から高校生になりました。気持ちも新たに目標を定め、夢の実現に向けて一歩一歩着実に進んで行きましょう。そして今まで築いてきた友情をさらに深め、互いに刺激しあい、学びならが成長してくれることを願っています。

【S1-1 担任  大島 由喜子】

 23回生の皆さん、高校進級おめでとうございます。45人の元気な生徒と出会えたことに、とても幸せな気持ちで一杯です。夢に向かってこれからの3年間をいかに過ごすかで皆さんの将来が決まります。共に成長したいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

【S1-2 担任  矢野 妙子】

 高校入学おめでとうございます。中学での日常の積み重ねが「今」をつくったように、高校での一日一日が3年後の皆さんをつくります。まずは、なりたい自分になるための一日を考えてみましょう。皆さんの頑張りをサポートさせてくださいね。

【S1-3担任  吉田 かづほ】

 完成段階であるC ブロックに上がりましたね。遂にここまで来ました。毎日の勉強、生活、行事へと、一人一人の意志を持って取り組んでください。皆の成長を、22回生の飛躍を間近で見られることを喜ばしく思います。

【S2-1 担任  山田 託嗣】

 『続けることは、その行為を技に高める。よって、失敗は継続すべきではない。』-目標を立てるのであれば、やりきって成果をあげることが大切です。22回生と多くの計画を成功させてゆきたいです。

【S2-2 担任  料治 洋之】

 いよいよCブロックがスタートしました。1学期は学校行事も目白押しで時間的なゆとりがありません。しかし、その中で学力も向上させていく必要があります。限られた時間の中でも集中して取り組み、充実した日々にしていきましょう。期待しています。

【S2-3 担任  八木 健一朗】

 いよいよ勝負の一年が始まりました。昨年度の合格者の体験談を読むと、受験で合格するためには、「当たり前のことを、当たり前のようにやり続けることが大切」とのことです。夢の実現のためにはそれらのことを1つでも多く出来ることが近道です。今できることから始めていきましょう。

【S3-1 担任  上野 修平】

 いよいよ高校3年生です。行事や勉強、日々の生活など全てにおいて下級生の模範となれるよう気持ちを引き締め、自分に厳しく、1年を悔いなく過ごして下さい。先生方の力をお借りし、友と励まし合いながら、最後まで前を見て進んでいきましょう。

【S3-2担任  平山 留美子 】